私的テレビ大賞 2019

 

・3月の段階で助演女性タレントはみちょぱ池田美優)がほぼ決定していたが、他は例年通りの激戦だった。次に決まったのが助演男性タレントでの草薙くん、これは春先の加地プッシュに加え、7月の闇営業問題から発するロンハーの臨時アシスタント抜擢の段階でほぼ決まりました。多数が選ぶであろう同僚・弘中アナとのマッチレースを制した印象をもつテレビ朝日・久保田アナが主演女性タレントに選ばれたのが「かりそめ天国」が金曜20時レギュラーに決まった頃の9月ぐらい。直前に弘中さんのオールナイトニッポンRがリスナーのご期待に添えなかったのもあるが、占い通いがばれた5月の貯金もそれなりにでかかった。新人賞はまさかの"出戻り"の鬼越トマホーク、11月の爆笑問題カーボーイで爪あとどころか肉をばっくり持っていったのがデカすぎた。最後迷いながらも安住アナをさしおいて主演男性タレントに選らんだのは志村けんの飲み仲間・大悟、M-1グランプリ直後でお笑いファンが迷わずGyaOに向かう中、しっかり取り残された一般視聴者相手にテレビ千鳥「DAIGO'S キッチン」で笑いをとったことが決定打になった。テレビ裏方賞はアンタッチャブル復活のお膳立てを「リアル」キャスティングから前面に立って陣頭指揮した『全力!脱力タイムズ』の見習いがとれた演出・アリペイであっさり決まった。時間がないのでMVPになったオードリーについて一言、春日の「とんだ大バカ変態野郎」(by 佐藤Mg)で決まり。受賞者の方々おめでとうございます。

 

 

・新番組にはこっちが想定した「ゴールデンに上がれる堅実さと千鳥の色が半々出てるバラエティ」を遥かに上回る千鳥が今やりたいことの"一部"が存分に出せた『テレビ千鳥』が独走状態のままのゴールイン。特番賞は(まだ色々揉める前夜だった)TBSが誇る叡智の2トップ・安住紳一郎×藤井健太郎が初タッグをくんでテレビっ子のツボを終始刺激しまくった『安住紳一郎と2019年上半期のTBS』。番組賞はテレビ局を替えながら「土8」の灯を出川哲朗の天然力とテレ東っぽいゲストとテレ東らしからぬゲストが入り混じりながら受け継がれている『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』が3年目で受賞。年度代表は「充電」と同じ平川プロデューサーによる、eゲーム文化と有吉弘行の最大の持ち味「ノリ」をフル活用しまくった。ゲストの自宅提供頼みだがゴールデン帯番組で今一番「お笑い」をやりまくってる『有吉ぃぃeeeee!』が堂々の受賞を決めた。各番組それぞれ受賞おめでとうございます。

 

  以下各賞の候補などなど(随時更新中)

 

続きを読む

私家版テレビのことば 2019

 

f:id:ukikusajiro:20191225133629j:plain

f:id:ukikusajiro:20191225132848j:plain

f:id:ukikusajiro:20191226181600j:plain

f:id:ukikusajiro:20191226181623j:plain

(2019年の最新トレンド:紅、紅、紅、ついでに膝)

 

    今年のツイッター上や私のメモ帳に残されていた言葉をできるだけかき集めて、この中で好きな言葉を選んで今年もこんな所で紹介しておきます。そして今年のテレビはみなさんどうでしたでしょうか? 来年も皆様方がほどほどなぐらい幸せでテレビと共になんとか生き延びられんことを。

(いわゆる「私家版流行語大賞」みたいなものです。ちなみに「ベストフレーズ」もこの中より選んで発表します)。(「テレビ」といいつつ、ラジオ・ネット配信番組、はてはオンデマンドからかき集めているのもあるのですが、まあ同じ「カメラ(マイク)で撮った画面」なのでどうかご了承を)

 

続きを読む